コメントを残す






  1. 10月の沖縄は 朝晩少し肌寒いです。見慣れた天井を見て 目覚める朝、穏やかだなぁ と感じました。 ありがたい事は、日常に沢山ありますね。当たり前に思う事が 実は幸せなんですね。感謝。

  2. 先日の寿寿だよりを読み、
    “私が預言者ならば…”と書かれた一節を見て
    以前、東北の震災後に
    足跡帳に書き込まれたコメントを思い出しました。

    震災を目の当たりにした方が、
    何故地震が起こる前に警告してはくれなかったのか、という意図のコメントだったと思いますが…

    今正に、同じ思いを背負いながら進まれているのだなぁ…と、たまらない気持ちになりました。

    何も出来ないですが
    大難は小難に小難は無難に…と、願うばかりです。

    私は今回のツアーにはご一緒出来ませんが、同じ気持ちでここから祈っています。

  3. 現地でしか知り得ぬ事を学びました。飲める、食べれる、寝れる、動ける、普段通りが何も出来ないのが被災と、改めて知りました。日々起こる各地の災害を事前に避ける事は不可能で、大きな自然の力には敵いませんが、人々が助け合う姿に感動致しました。今の自分に何が出来るか、ただそれのみと多くの方々が休み無く動いていらっしゃいました。

  4. 私も全く同じ気持ちでおります。
    どうぞ皆様ご無事でありますように。
    先生方ありがとうございます。
    そう思いながら私も手を合わせます。

  5. 北海道に大きな地震で飛び上がる思いです。
    北海道の方は大丈夫でらっしゃいますか?昨年の寿寿かけツアーでご一緒した札幌の方もご無事ですか?
    まさしく、先生方が北を護りに歩かれていらっしゃる今です。
    きっと、大難を小難にかえてくださったのだと思います。
    余震の注意を呼び掛けています。どうか、先生方のお勤めに障りありません事を、祈るばかりです。
    私自身は何も出来ませんが、皆さまと共に手を合わせております。

  6. 北を旅して九日が経ちます。旅の意義は分かっていても、日々の災害報道に恐怖を感じます。「どうぞ小難に」の思いで歩みを続けます。

  7. 寿々かけツアー、手違いで参加できないと思っていたのが、
    参加可能だという事が判明!
    でももう満員になってしまった後でした涙。残念。
    友人にその話をしたらキャンセル待ちすれば?と言われました。
    そういう訳で万が一にもキャンセルが出たらご連絡下さい。
    かなり奇跡だとは思いますが…。

  8. 寿寿かけツアーに参加する決断が一歩遅かった・・・。
       
    参加していただける皆さまのお陰で、大難が小難に、小難が無難になることに感謝いたします。
    ツアーの報告も楽しみにしていますので、また教えて下さいね。
    宜しくお願い致します。